トップイメージ

  • 専門分野
  • 医療問題
  • 男女間のトラブル 法律学と心理学を駆使
  • 経営者様等の不安解消
  • 相続
  • 離婚
  • 不動産(借地管理等も)

新着情報

医療訴訟に思うこと (2017/10/19)

医療案件では、医療機関サイドあるいは患者サイドいずれかに特化すべしと普通は言われています。
しかし、長年医療案件を担当してきますと、そうは言い切れないことが分かってきます。
例えば、医療機関の中でも、過失に有無について意見が分かれることが少なくないからです。

もちろん、利益相反のないことが大前提ですが、
「クライアントのために、行動すべし」と判断すれば、どちらのサイドに立つかは関係なく、真実を求め、一生懸命努力すべきと思うのです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※ご相談はいつでも可能ですので、お電話(03-6450-1280)をください。
◎緊急の場合は携帯(090-3919-7136)へメッセージをお残しください。24時間OKです!
(※完全予約制ですので、法律相談をご希望の際には事前にお電話にてお申込み下さい。)

◎心理学専攻弁護士のアドバイスはアメーバーブログ Facebookで更新中です。


■新着情報一覧へ戻る