トップイメージ

  • 専門分野
  • 男女間のトラブル 法律学と心理学を駆使
  • 経営者様等の不安解消
  • 相続
  • 離婚
  • 不動産(借地管理等も)

新着情報

世界は誰が創造しているか。 (2016/12/09)

例えば食事。
食事を通して、その食材、運搬人、調理人、店舗の内装業者、それらの人達の小学校の教員、、、、
無数の方々との関連が存在する。
つまり、一人は世界と関連している。

そして、「世界と関連している」という事実は、
「世界から、超間接的に、「意味」が届く」ということを意味する。
いや、「常に、無限に、届き続けている」ということになる。

この際限なき「伝達」に対する、認知の問題。
心理学的には、「認知の構え」を考える。

つまり、
本人の「求める心」が、それに適した情報を選択し、感知させる。

ここに、「宇宙からメッセージが来た。」「神からのアドヴァイスを受け取った。」という、認識が生まれる。

要するに、「求めていたから、与えられた。」ということになる。

全ては、「自身」が基本である。


※ご相談は、いつでも可能ですので、お気軽にお電話(03-6450-1280)をください。
電話相談、出張相談もございます。
緊急の場合は携帯(090-3919-7136)へメッセージをお残しください。
◎心理学弁護士のアドバイスはアメーバーブログ Facebookで更新中です。

■新着情報一覧へ戻る