トップイメージ

  • 専門分野
  • 医療問題
  • 男女間のトラブル 法律学と心理学を駆使
  • 経営者様等の不安解消
  • 相続
  • 離婚
  • 不動産(借地管理等も)

新着情報

怒りを喚ぶ書面 (2016/06/30)

伝統的に、法律家の文章は、「である。」調で、上から目線です。
この点は、最近の若手の弁護士でも変わりません。

でも、考えてみて下さい。
裁判所から、調停の呼出状が来たとき、「相手方○○○○」と呼び捨てにされたうえに、である調で、自分のことを悪くかかれていたら、調停という話し合いのはずなのに、怒りがこみ上げてきませんか。

ですから、私は、原則として、相手方の名前に「様」を付け、ですます調で書きます。

※ご相談は、いつでも可能ですので、お気軽にお電話(03-6450-1280)をください。
電話相談、出張相談もございます。
緊急の場合は携帯(090-3919-7136)へメッセージをお残しください。
◎心理学弁護士のアドバイスはアメーバーブログ Facebookで更新中です。


■新着情報一覧へ戻る