トップイメージ

  • 専門分野
  • 男女間のトラブル 法律学と心理学を駆使
  • 経営者様等の不安解消
  • 相続
  • 離婚
  • 不動産(借地管理等も)

米川耕一エッセイ もっと幸せに!

184号 今天国、今地獄 (2008/09/30)

1.今回(184号)は、「今天国、今地獄」です。
 人生は、多くの場面でオーバーラップしていると思います。
例えば、会社をリストラされた方が、美味しいサンマで御飯をいただいているとき。
リストラの苦渋と、秋刀魚御飯の喜びが共存しています。
そのとき、リストラに思考をシフトするか、秋刀魚御飯にシフトするかは、選択の問題と思います。
天国、地獄は、「今このとき」にあり、「今このとき」が続いているのが、人生と私は思います。
 もちろん、将来に対する不安が強いときもあります。
そんなとき、例えば、お金に敏感な方でしたら、「こんな心配、一円にもならないなあ。」と考えることも出来るでしょう。
                                 以 上

■記事一覧へ戻る